資源を何度も再利用する社会

再利用して使う意識を持とう

紙の表面を使ったら、すぐに捨てる人が見られます。
もったいないので、裏面までしっかり使ってから捨ててください。
紙を作る際は、木を伐採します。
たくさんの紙を作ると、あっという間に森がなくなってしまいます。
今の森を、後世にまで残せるよう循環型経済を意識しなければいけません。
メモ用紙だけでなく、牛乳パックも再利用できます。

最近は循環型経済をみんなが意識しているので、スーパーなどに行くと牛乳パックの回収ボックスを見つけられます。
ゴミに捨てないで、回収ボックスを利用してください。
回収ボックスによって集められた牛乳パックは、再び紙として生まれ変わります。
何度も紙を使っていれば、これ以上森林を破壊せずに済みます。

こまめに電源を消そう

石油ストーブを使っている人が見られますが、石油も限りある資源なので注意してください。
まずは、普段の無駄遣いを減らしましょう。
寒い時にストーブを使わないのは無理があるので、完全に使わないようにするのは難しいです。
しかし誰も部屋にいない時などは、使用する必要はありません。
部屋を出る時に、ストーブを消してください。

ストーブの温度を下げることも、資源の節約に繋がります。
温度を高くすると、石油をたくさん使って燃やします。
普段の温度より、1度から2度下げるだけでも節約の効果を発揮できます。
寒いと思ったら、着ているもので調整してください。
厚い上着を羽織れば、ストーブの温度が低くても寒く感じることはありません。


この記事をシェアする